とうとう最終日になりました。昨日のうちにパッキングして(と言ってもスーツケースの半分以上お土産)いつものように朝食。ホテルの朝食も本当に美味しかったのでこれが最後かとまたお腹いっぱいいただきました!

フライトは18時25分発。ホテルに16時くらいに帰ってくれば余裕で間に合う時間。だから最終日も思う存分使えるのです。改めてフライトの時間とホテルの立地は重要だと感じました。ホテルから空港が15分くらいって本当に便利です。

最終日はちょっと足を伸ばして温泉街へ・・・新北投温泉 遠出と言ってもいつも使っていたMRTでいけるので難しくありません。最終日も晴天。今回の旅行は本当に天気に恵まれました。さてまずは・・・両替!

そう、昨日で元を使い切ったどころか足りなくて日本円も支払ったくらいですからまずは両替。そして新北投温泉に向かいました。

 

駅についてびっくりしました。ちょっと田舎の新しいリゾートという感じです。町がきれいです。駅前はコンビニや食べ物屋さんで賑わっていて、少し歩くと温泉つきホテルが立ち並ぶ風景。熱海に来た感じです。

せっかく来たのだから温泉に入りたいと、前日の夜調べてましたが・・・ガイドブックに載ってるところはめちゃくちゃ高かった!1泊とかするならまあ、良いとしてもちょこっと日帰りで、1500元とか2000元払うのは・・・と悩んでいたのですが。やはり同じように思ってる方のブログから見つけ、そこに行くことに。その名も熱海温泉。宿泊もできますが日帰りで温泉だけ入って400元。

日本のホテルやスーパー銭湯のようにパウダールームなどもちろんありません。脱衣所に荷物置くところがあるだけ。いたってシンプル。外が見えないのは残念でしたがのんびりと浸かって来ました。他にお客はいなくて、台湾に来て貸切の温泉に入れるとは・・・

贅沢したい方は日系の高級温泉ホテルなどもたくさんあります。この地域は新しく高級リゾートとして開発されたよう。公共の公園みたいなところには水着を着てはいる混浴の温泉もあります。温泉というよりジャグジーみたいな感じでした。(中は見えませんがなんとなくそんな雰囲気・・・)西洋人にとってはこちらの方がポピュラーのようでした。

温泉を出て川沿いに歩き地熱谷に向かいました。90度の温泉が湧き出しているところ。

 

 

自然が多く神秘的。私は気に入りました。次回はここで一泊しても良いかな・・・なんて思ったり。

海外旅行でいつも思うのだけれど、都心はどこもだいたい同じなんですよね。繁華街も官庁街も。お店も同じ。高級ブランドが集まっているところや、そこまでではないブランド・・・ユニクロやH&Mとかどこにでもあるし。住宅地とかちょっと離れるとその国らしさの生活がわかって、すごく楽しい。

今回の旅行でこの新北投温泉に行ったのも出発前に日本で、台北に行った友人に勧められたので気になって行きました。そしてリーズナブルの温泉に入れたのもどなたかのブログから。いろんな情報がある中で体験した口コミってやっぱり大切だな、って改めて感じました。

今までブログに体験談とか書くことってほとんどしてなかった。別に私の行動他人には関係ないし・・・くらいの気持ちで。でも今回そんな情報がとても役にたったのでこうして長々と書こうと。この台北の旅は私にとってそんなことも気づかせてくれた旅行でした。

両替したお金も残っているしお昼ご飯を食べることに。庶民的な食堂みたいな所を駅の近くで見つけ入りました。あまりの安さに今度はびっくり。一般庶民が普通にお昼を食べているんだな、そんなお店。でも味はちゃんと美味しいし、おつまみのメニューもしっかりありました。

 

温泉にも入り、これが最後の台湾での食事かと思うとこんな現地の庶民的なお店が嬉しくてたまりませんでした。もちろんビールで乾杯・・・のつもりが???ドリンクメニューがない!そう、台北ではドリンク出さないところもあるのです。このようなお店は持ち込みOK!近くのコンビニに走りました。(夜市などドリンクを置いてないお店たくさんあります)ちなみに台北ではセブンイレブンとファミリーマートがたくさんありました。ローソンは進出してないそうです。

台湾ビールを飲んで、空芯菜の炒め物や豚の皮(私大好物!コラーゲンたっぷり!)その他色々。最後の食事を楽しみました。

16時にはホテルに着くように(朝チェックアウトしましたが荷物を預かってもらっていたので)MRTに乗りました。ホテルのスタッフは本当に感じよく親切でした。そして空港へ。MRT二駅。とても便利!

帰りのフライトはなんと2時間半くらい!すぐに夕食が出てビールとワインを飲んだらあっという間に羽田に到着です。羽田には娘と息子がお迎えに着てくれました。娘の運転はまだまだ心配だけれど、なんて楽させてもらった旅行でした。お土産に娘のお気に入りの顔のパックの大箱を買わざるえなかったのは仕方がなかったとします。

 これ、とても人気のパックらしい!

(そして帰国した数日後娘がスノボに行くため朝6時半までに東京駅に送ることになるとはこの時は予想もしていなかった・・・・)

海外でも国内でも旅行って本当に良いな。ネットが繋がるから仕事のことやいろんなことも入ってくるから、全く切り離した生活は無理だけれど。まだまだ仕事がある以上それも安心。自分の気持ち次第でいろんな世界が見えてくる。こんな時間は必要ですね。

今回の旅行も多くの方に助けられました。出発前に色々な情報をくれた方、現地でアテンドしてくれた方、留守中猫の世話など家をしっかり守ってくれた家族、送り迎えしてくれた娘、感謝です。

次はどこに行こうかな?