愛猫ググとララ。先日ググが白血病ウィルスに感染していることがわかりました。
病気と闘いながら生きていくググとの生活を綴っていきます。
同じ病気の猫ちゃんのお役に立てれば、そしてご意見ご感想、より良い情報をいただけたらと思っております。

ググの様子がおかしいな、と思い始めてから数日後、食欲もなくなりほとんど動かなくなりました。
私がスキーで家をあけたストレス?なんて思ったのもつかの間、どう考えても9ヶ月の子猫とは思えない。
病院で受診した時はかなりの貧血になっていました。そのためか、最初に受診した病院では採血もできなく、点滴だけして帰ってきました。明らかにおかしい。とにかく検査して原因を知りたい、そんな気持ちですごすこと2日。
夜中、かなり弱ったググ。もう待てないと思い夜間急患の診療所へ車をはしらせました。
かなり弱っているググだったので問診のあと手際良く検査をしてくれました。
夜中だったこと、想像もしてなかった現実をなかなか受け止められなく私の記憶もちょっとあやふやですが、ただごとではないと直感でわかり呆然とするばかり。

血液検査の結果は白血病の可能性があるかも。あくまでも、かも。
東大病院での精密検査までの一週間は毎日点滴に通いました。食欲も少しずつでてきてきっと何かの間違えだろうと信じて。

アモキクリア、ファモチジン、プレドニン。今はこの3種の薬を使っています。とても調子が良く食欲も出てよく食べてます。

このままこんな様子が何年も続くことを信じています。

我が家は子供たちも私もほとんど風邪をひかないんです。子供たちは幼稚園から高校、大学までもほとんど学校を休んだことないくらい元気でタフなんです。(私はもう10年以上風邪ひいてないなぁ)ググも我が家の一員、元気でいること間違いなし!