夢であって欲しい。何かの間違えであって欲しい。
今日のことがなければよいのに。

でも現実に時は進んでいました。

東京大学動物医療センター。
こんなところがあることも知らなかったし、まさか来ることなんて考えてもいませんでした。

2週間前から愛猫ググが元気がなく、食事も食べなくなり病院へ。
極度の貧血で一時はぐったりとし、息をすることがやっとのときも。

血液検査で白血病の疑いがわかりました、
今日の精密検査までの一週間、そんなことあるはずがない、と信じてきましたが。

検査の結果は陽性。

夢であって欲しい、間違えだと言って、と思いたい。でも現実に時はすぎていきます。

この一週間、毎日の点滴でかなり元気を取り戻していました。このまま元気になっていくんだ!と信じていたんです。

ググはまだ9ヶ月。人間でいうと13歳。これから楽しいことたくさんあるのに。

今日はとにかく泣きました。どうしてよいかわからない。
人懐っこくて膝の上が大好きで毎日一緒にねて。

猫の白血病はウィルス性。外に出たことのないググは母子感染で母親からもらってきたう可能性が強く、おそらく一緒に飼っている兄弟のララも感染している可能性が高い。
とても仲良くてずっーと一緒にいたしね。

これから私にできることは何だろう。できるかぎりのことをしてあげたい。
きっと何か私に伝えたいことがあって2匹はうちに来たはずだから。

そんなことを考えながら一緒に過ごしていきたいと思います。

人間だって動物だって明日生きてる保証は誰にもないし。長く生きることだけが幸せじゃない。
ググは家に着いたら検査で何も食べてなかったから、すごい食欲でよく食べ、遊んで、お気に入りの場所で爆睡。とっても幸せそう。
こんな日が続くことを信じてます。

今日はとにかく泣きました。素直に思いっきり泣きました。

これからググとララが私に伝えたいことを考えながら過ごし、忘れないようにこのブログに書き留めていきます。

そして2匹が半年前うちに来たときから、これからの過ごす様子を書き留めていきます。
白血病ウィルスにかかってる猫は30%もいるそうです。

すこしでも同じ病気で苦しんでる方のお役に立てたらという気持ちと、何もわからない私にご意見、より良い情報をいただけたら嬉しいです。