現役コックさん、カフェオーナー様へ
自家製パンのススメ

cucina3121は、カフェ開業・改革支援コンサルタントとして、飲食業界で活躍される方々のサポートをしております。

過去、いくつものお店の改革に携わり、繁盛店へと押し上げることができたスキル。
ここでは、その中核をお伝えしたいと思います。

ずばり
自家製パンのススメ
です。

突然ですが、カフェやレストランでパンを扱っていらっしゃる皆様。
お料理に添えるパンをどんな想いで作られていますか?
もしかして、どこかで買ってきたパンだったりはしませんか。

シェフが腕を振るって作ったお料理に見合うパンではない、と感じることが、私にはよくあります。
お料理の片隅に、空間を埋めるためだけのように置かれたパンは、いただいてみても残念なのです。

もしこれが、今焼き上がったばかりの香ばしい香りを漂わせながら運ばれてきたら。
そのパンがとびきりおいしかったら・・・。
お客様の心に感動を生むサービスは、商売を営む上で何より大事。それを自家製パンが担ってくれると、私は経験から確信しています。

では、自家製パンの持つ威力を、具体的にご説明します。

自家製パンの持つ力.01

パン販売の相乗効果

自家製のパンが作れるようになったら、せっかくなので、お店の一角に焼き立てパンを並べます。すると、ランチの帰りに、ランチと同じくらいの金額を使ってパンを購入して下さるお客様が、後を絶ちません。


自家製パンの持つ力.02

パンの看板の勧誘力

パンの看板を出します。ちょっと入りにくい間口のお店だったとしても、パンが買えるならのぞいてみようというお客様は多いものです。それがお店を知っていただくことにつながります。


自家製パンの持つ力.03

SNS映え

最近の20代、30代の若い世代の多くは、常に何かしらカメラを携帯しています。
食べ物も、インスタグラムなどSNS映えするものが選ばれる傾向にあり、そういうものには多少高めの値段でも支払うという調査結果もあります。
店オリジナルなものや、フォトジェニックなものは、SNSでの拡散も期待でき、新たなお客様と出会える可能性が高まります。
これはパンに限った事ではありませんが、ツールの一つとして適しています。


自家製パンの持つ力.04

低コスト

パンを買うのにかかっていたコストは、手作りすることで、大幅に削減できます。
特別な道具も特別な技術も、必要ありません。私がお店にうかがい、その場でいかに効率良くパンを焼けるか、ご一緒に考えます。
通常、練習して2カ月で自店でおいしいパンが焼けるようになり、一度覚えれば、その後スタッフに教えることも可能です。

さて、ここまで読んでいただいても、こんな声が聞こえてきそうです。

ただでさえ人手不足なのに。
忙しくて目が回りそうなのに。
新しくやるべきことが多すぎるのでは。

そのご不安、わかります!!
そういう方には、一つご提案があります。
これを機に、お店全体を見直してみてはいかがでしょうか。


出張コンサルいたします!

  • 調理の動線に無駄はないか?
  • お店のメニューは立地に合っているか?
  • ロスの多いメニューを理由もなく続けて、エネルギーのロスをしていないか?
  • 繁盛店の厨房を研究したことがあるか?
  • シェフ一人で抱え込んでいることが多すぎないか?

まず、お店のパンのクオリティを今一度見直してみていただきたい。
その小さなパン一個が、大げさではなく、
お店の命運を決めていることがあるからです。
今から、自家製パンで勝負してみませんか。
飲食店歴8年、パン製造販売歴20年の私がサポートいたします。

そして、飲食店を運営されていて、
お困りのことがある方はもちろん、
これから飲食業界で独立されようとしている方、
知識はないけれどカフェを開くのが夢、という方。
コンサルティングいたします。
一度、お気軽にご相談ください。