午後は龍山寺へ。ここはパワースポットだから行った方が良いよ、と聞いていたから早速行きました。

 

長いお線香をもらって何やらブツブツいいながらお線香をあげたり、お菓子やフルーツやお花をお供えしたり。おみくじ(台湾独特のやり方)をしたりと多くの台湾人も訪れるところでした。四方に神がいるというつくりなのでみんな見る方向がバラバラ。前や後ろを向いて各々手を合わせたりお線香を静かに振ったりしていました。

夕方は友人と待ち合わせして早速夜市に行くことに!

そう、この友人こそが私たちが台北旅行をする後押しをしてくれたんです。いまいろいろなことでお世話になっている友人なんですが幼少期を台北で育って、今でもおばあちゃん、おばさんは台北に住んでいらっしゃるので年に何回か台北にいってるという、台湾初めての私たちにとってありがたい友人。今回もその友人が法事のため1月下旬に台北に行くと言ってたので便乗した感じでした。地元の人しか知らないことなど詳しいので本当に助かりました。

休憩のデザート・・・

豆花、って字を見かけてましたがこれ、いわゆる豆腐。ジェラート(といっても濃厚ではない、シャーベットのよう)の下にまさに豆腐。そのまま食べて全く甘くないので衝撃でした。日本で言ったら冷奴の上にジェラート!!!デザートと思って食べたら甘くない驚き・・・横にある温かくて甘いシロップ漬けのタピオカをかけて食べるらしい。豆花っていって台湾ではポピュラーなデザートみたいだけれど・・・・豆腐じゃん!

食のことになるといろいろ分析したくなる私です。こんにゃくだって煮物にして食べていたらおかずだし、こんにゃくゼリーはあまくて美味しデザート。ところてんだって酢醤油で食べたり黒蜜で食べたり。と考えれば豆腐も醤油で食べれば冷奴、甘いシロップで食べればデザートか・・・・なんてかんがえてました。豆乳使ったデザート増えてますしね!

龍山寺付近を散策していて何やら夜市ならぬ昼市に遭遇。そこで妙な食べ物を見つけました。

  

せいろから出してプルンプルンの物体・・・覚悟を決めて買ってみました。漢字から想定すると豚の血の入ったなにか・・・・

後から知ったのですがこれは台湾でも珍しい食べ物の一つらしいです。味は・・・・何とも言えませんが私はこのモチモチの食感が好み。味は・・・辛いソースとパクチー、ピーナッツの砕いたものがたっぷりついてるから、食べれましたね!

 

龍山寺近くにも夜市がたくさんあります。しかしあえて寧夏観光夜市へ。これも友人のお勧めで。とにかく夜市がたくさんあります。ガイドブックにもたくさんありますが。有名なのが士林観光夜市。これはかなり大きい規模なので何でもあるし楽しめるのは確か。でも観光地化してきてるらしいです。(結局私たちは行きませんでした)寧夏観光夜市は士林よりは小さいけれど、地元の人がこぞっていく夜市。食べ物がおいしい、そんな感じです。ちなみに龍山寺付近にもたくさん夜市がありますが、治安が悪いから夜遅くは行かない方が無難らしいです。いわゆる売春宿みたいなものが多かった地域らしく、すっぽんなど精力つける食べ物が多かったり・・・みたいです。こんな情報も知ってると便利ですね!夜市では基本飲み物は持ち込みなので(というより屋台みたいなものですから飲み物ないことが普通)セブンイレブンでビールを調達してから夜市に向かいました・・・・

    

とにかくいろいろ食べました・・・・フルーツは日本にないものもたくさんあります。ホテルで食べれるように切ってパックに入れてくれます。夜まで満喫!スパーで買い物をして(後でまた書きますがスーパーでなんでもそろいます。お土産も大丈夫!カードも使えます。・・・使えないスーパーもありますが・・・)この日はタクシーでホテルまで帰りました。タクシーも日本に比べるとかなり安い!15分?以上乗ったかな?160元!

つづく・・・